ファクタリングについて

subpage1

ファクタリングとは、売上債権をできるだけ早く現金に変換する方法のことを指します。
医療・福祉分野においては、国民健康保険や社会保険への請求を委託することにより、債権を早く資金化するというものです。
実現する仕組みです。


診療報酬債権を早期回収することができるので、キャッシュフローが向上して、資金の有効活用が可能です。

ファクタリングの比較がとても人気であることがわかります

また、診療報酬債権を回収するまでの資金が不要になるので、借入金の額を減らして、負担を軽減することもできます。
医療分野において使用される医療報酬債権ファクタリングの他に、事業者が売上債権を購入して代金を支払う一括ファクタリング、債権に対して金額を保証し、保険のような働きをする保証ファクタリング、事業者が輸出債権を購入する国際ファクタリングがあります。
これらはそれぞれ特性が異なっているので、自分に合ったものを利用することが大切です。

しかし、医療機関で資金繰りに困っている、というときは、積極的に医療報酬債権のものを利用すると良いでしょう。



これは、医療機関であるからこそ利用できる方法です。

これらの4種類には、さまざまなメリットとデメリットがあるので、慎重に検討しましょう。しかし、資金繰りに困っているという時に、現金を早めに調達する手段としては良い方法だと言えます。



少し複雑な点が多いので、疑問点がある時には、金融の専門家に相談すると良いです。医療事業の継続のためにも、積極的に利用していくと良いでしょう。