ファクタリング事業者を選ぶポイント

subpage1

介護事業を行っている人にとって、一つの悩みは資金繰りです。

しかし、こうした悩みを解決してくれるのがファクタリングサービスです。

介護報酬をファクタリング事業者に譲渡することによって、早期に現金を受け取ることができるサービスです。

メリットがたくさんあるので、導入しようと考える人は多いですが、ファクタリング事業者によって違いが少しあるので、事業者選びのポイントを理解しておくようにしてください。


まず、一番大切なことは現金化までの時間です。

ファクタリングの評判情報を得るならこちらをご利用下さい

事業者によって、この時間が違います。


国保連請求締切後、早い事業者であれば3営業日以内、遅い事業者では10営業日以内と非常に差が出てきますので、給与や経費の支払いスケジュールをきちんと確認して事業者を選ぶようにしてください。


また、手数料もそれぞれの事業者で違い、大きく分けて4つ手数料があります。
契約手数料、入金手数料、管理手数料、更新手数料です。



どの項目に関しても事業者のホームページに明記されている内容なので確認することと、明記されていないような事業者は選ばない方が良いと理解しておきます。



見極め方としては、契約手数料が安くても入金手数料が高かったり、更新手数料が高いという場合もあるので、希望通りしている契約年数で全ての手数料を計算して、総合的にコストをおさえられるような事業者を選ぶことが重要です。

最近ではたくさんのファクタリング事業者が存在しているのでじっくりと比較しながら選ぶと後悔しません。